Translate

2015年6月19日金曜日

Proxy環境でcfコマンドを使用する



忘備録として。


Bluemix上にボイラプレート(よく使われる複数のビルドパックのセット)からNodeRED Starterを選択せずに、単独のビルドパックNode.jsを使う場合、開発PC上にcfコマンドが必要になる。

cfコマンドは以下のサイトからダウンロードできる。
https://github.com/cloudfoundry/cli/releases


IBM ID harahara@hara2.com(パスワード:fugafuga)で登録したBluemix上(米国南部)にNode.jsをアプリID"dokidoki"で作成した場合、
以下の手順でデプロイする。

・Node.jsビルドパックでアプリID"dokidoki"としてさくせした際に表示されたcfコマンドとスタートアップのダウンロードを済ませておく。

スタートアップの圧縮ファイルは、最初にデプロイするデフォルトディレクトリに使用する。

・DOSプロンプトを起動
cd <スタートアップ展開先> ←アプリIDディレクトリdokidoki直下へ移動する
set http_proxy=http://proxy.harahara.com:8080/ ←proxy環境の場合のみ
set https_proxy=http://proxy.harahara.com:8080/ ←proxy環境の場合のみ
cf login -a -a https://api.ng.bluemix.net -u harahara@hara2.com -p fugafuga ←ヨーロッパの場合はhttps://api.eu-gb.bluemix.net
cf dokidoki -o harahara@hara2.com -s dev ← デプロイ先を指定する
cf push dokidoki ← フォルダ内のリソースがデプロイされる

後はローカルPC上で開発作業→cf push dokidokiの繰り返し。

最後にログアウトする場合は、cf logoutでOK。

現時点でデプロイ先がどこかを確認する場合は、cf api~を使う。

複数のIBM IDを乗り回している場合は、この確認をしないでpushして「あっ」となる可能性あり。要注意。

0 件のコメント:

Dockerのバージョンが17.xになり、Ubuntu Serverへのインストールがまたちょこっと変わった

ひさしぶりにDockerサイトへ行ったら Dockerのバージョンがかわっていた.. しかも昔Solarisとかがやったマイナーバージョンを メジャーバージョンに繰り上げしやがった。 で、 今後は毎月リリースするらしい。 今は2017年3月だから17.3.x...