Translate

2019年5月7日火曜日

映画「アベンジャーズ エンドゲーム」前提パッケージ

※今回は、ITの話ではありません。

GWの最終週の日曜、たまたま岡田斗司夫氏のニコ生をみていたら、いまやってる映画「アベンジャーズ エンドゲーム」を見るための必要最低限の前提マーベル映画リストを上げていた。

ので、列挙してみた。

  • アイアンマンの1
  • マイティ・ソーのどれかひとつ (1だと浅野忠信がでてる)
  • キャプテン・アメリカの1
  • アベンジャーズの1
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの1
  • アベンジャーズの2(エイジ・オブ・ウルトロン)
  • キャプテン・アメリカの3(シビル・ウォー)
  • アベンジャーズの3(インフィニティ・ウォー) 

GW 開始早々エンドゲームを見てしまった自分から見ても、いいリストだと思う。

端から端まで全部楽しむなら、ハルクとかアントマンとか、ひげマントの魔術師とかも全部見ているといいのだけど、そんなにマーベルに年貢を納めなくてもエンドゲームの本筋だけ追うのなら上記の8本で十分だ。


Pythonで例えるなら、エンドゲームリポジトリのsetup.pyinstall_requiresには上記の8本は最低でもいれておけば、全機能は実行できないけどコア機能は動作するはずだ。


..といっても、必要最小限のこれらのタイトル全部見ると17時間を超えるらしいけど..


OpenAI Gym 環境クラスを独自実装してみる

強化学習を行う場合、Stable BaselinesやTensorFlowなどのAPIではOpenAI Gym準拠の環境クラスを使用することができる。 ので、個別案件に対応する独自環境クラスを作りたい.. ということで実際に作ってみた。 独自環境クラスを実装するには、まずOpen...