Translate

2015年3月20日金曜日

CoreOSをVirtualBox上でインストールしようとしたら、Failed to Switch Rootというエラーがでた

DockerをCentOSに入れて試そうとしたら
なぜかDNSが引けなくなってしまい
めんどくさくなったのでCoreOSを使ってみることにした。

で、CentOSをVirtualBox上でインストールしようとしたら

[FAILED] Failed to start Switch Root.

とでて、Enterを押すと「:/#」というプロンプト状態になってしまった。

でもこれはよくあることらしく
調べてみたらIssue13というかなり早い番号で見つかった。


Booting with iPXE wording is outdated/incorrect #13


簡単にいえば、メモリが1GB以上必要なのに
ケチって512MBにしていたから..

メモリ増やして、再度起動してみたら正常動作しました。


だって..PCおそくしたくないんだもん..


0 件のコメント:

TensorFlow 1.5.1 以降をインストールしてimportすると落ちる件

#まえにも書いた 記事 の続編です。 多分これで悩んでいる人多いと思います。 イロイロためしてみてなんとなくわかったことを書いておきます。 手元にThinkPad X230 と やや古いマウスコンピュータ製PCがあり 両方にTensorFlowを入れ...