Translate

2012年9月5日水曜日

Salesforce.com社から認定試験更新督促メールが来た

Salesforce.com社から
認定試験更新督促メールが来た。



Winter'12で認定デベロッパーを取得/更新され、

以降のリリース試験を未受験/未合格のお客様各位



平素は格別のご高配を賜り、ありがとうございます。

セールスフォース・ドットコムのXXXXです。



お客様はWinter’12バージョンでの認定デベロッパーを新規取得、

またはリリース試験に合格されましたが、Spring’12以降の

リリース試験を未受験または未合格となっており、

このままではWinter’13への切替と同時に失効の恐れがございます。



現在のSummer’12からWinter’13への切替は、

2012年11月10日頃を予定しております。

せっかくお取り頂いた資格を失効しないためにも、

最低でもSpring’12リリース試験には合格して

頂きますようお願い致します。



リリース試験の受験はオンラインでいつでも開始可能です。

また、資料の参照も可能ですので、リリースノートや

Salesforceのオンラインヘルプなどをご活用の上、ご受験

頂けますようお願いいたします。



尚、このご案内とSpring’12リリース試験の合格が入れ違いに

なりましたら申し訳ございません。



また、ご不明な点などございましたらご連絡ください。

以上、よろしくお願いします。



XXXX

/**************************************

認定資格に関するお問合せ先:

(略)

略@salesforce.com

**************************************/




ぶっちゃけ、
仕事が増えるかと取得した資格だったのだけど..
その後Force.com前提の開発案件なんて
ちーっともやってこない。

まあ、ちょっと考えれば、
経験や実績がゼロの会社にはForce.comのSIなんて
やってくるはずもなし..

なので、会社としては
新規案件がきそうだったら再取得ということで、
認定試験は一旦このまま更新するのはやめることになった。

ほかの会社はどうなんかねえ..
..というよりAzureやAppEngine以外のPaaSって
どうなんだろう..

けっきょくこういうサービスって
胴元が一番儲かるのだけど、
無名企業が胴元になるにはそれなりの先行者にならないと
だめなんだよなあ..



p.s.
失効3日前に以下のような自動メールがきました。


# このメールは重要なご連絡のため、弊社からのご案内メール受信を希望しないお客様にも送信させて頂いております。

いつもお世話になっております。
セールスフォース・ドットコムのXXXXです。

表題の通り、Winter'12以前に認定デベロッパーを取得された方の
デベロッパー資格の有効期限まであと3日となりました。

この失効ルールはグローバルによる制度のため、
日本独自で採用できる特例措置などが非常に限られており
試験の提供期間をグローバルより2週間長いXX月XX日まで
延長し、また受験回数を3回以上可能(無制限)とした以外、
期日までにリリース試験に合格されなかった方については
救済措置を実施することができません。

お忙しいとは存知ますが、デベロッパー資格を維持して頂くために、
最低でもSpring'12リリース試験をXX月XX日(XX)までに合格して
頂ますようお願い致します。

Webassessorへのログイン方法がご不明な方は、
『パスワードを忘れた場合』のページより
Webassessor IDまたはご登録のメールアドレスをご入力の上、
受け取ったメールよりパスワードを再設定してログイン頂けます。
https://www.webassessor.com/wa.do?page=forgotPassword&branding=SALESFORCEJP

ID/メールアドレスがご不明な方はお手数ですが
 jtraining@salesforce.com
までご連絡ください。

リリース試験の受験方法につきましては、
下記の以前のメールをご確認頂ますようお願い致します。

以上、よろしくお願いします。

XXXX

なんとなく..愚痴に読めてしまった...

Ubuntu Server 12.04 LTS へ CloudFoundryをインストールしようとしてはまる

Ubuntu Server 12.04 LTSへ CloudFoundryサーバを
インストールしようと
https://github.com/cloudfoundry/vcap
に書いてあるとおりに、
curlをインストールした後で
bash < <(curl -s -k -B https://raw.github.com/cloudfoundry/vcap/master/dev_setup/bin/vcap_dev_setup)
を実行したら..

(略)
build-essential (11.5ubuntu2) を設定しています ...
libc-bin のトリガを処理しています ...
ldconfig deferred processing now taking place
Installing rubygems...
Installing chef...
false
ERROR:  http://rubygems.org/ does not appear to be a repository
ERROR:  could not find gem chef locally or in a repository

gemはproxyでうごかないんだよねえ..



うーん..
じゃあaptitudeのみでインストールできるか

sudo apt-add-repository ppa:cloudfoundry/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install cloudfoundry-server

を実行して、
aptitudeでCloudFoundryをインストールしようとしたが、
http://ppa.launchpad.net/cloudfoundry/ppa/ubuntu/dists/
の下に precise(12.04) がはいっていなくて、
aptitude update で Hit しない..

natty(11.04)とoneric(11.10)しかディレクトリがないので
どうもLTSではaptコマンドでのインストールはできないらしい。

しょうがないのでproxyなし環境に一旦つないで
インストール完了させようとしたのだけど...

あれ?うまくいかない..

うーん、Ubuntu Server 12.04LTSじゃだめなのか..

重要なミドルウェアは
LTSでた年に対応してないと
LTSを選択した意味がないんだけどなあ..

結局あきらめてUbuntu 10.04LTSを使うことにした..
..なんだろう、この敗北感..


どなたかうまく行った人がいれば
できましたらコメント欄にて教えてください..



TensorFlow 1.4.0 rc0 がリリースされていた

タイムラインにTensorFlow1.4.0 rc0 のリリース案内が流れてきました。 ので、何処が変わったかGitHubのREADMEを翻訳してみました。 以下、参照される場合は、at your own risk でお願いします。 ------- TensorF...