Translate

2011年7月14日木曜日

Linuxで作ったWebメールサイトでのパスワード変更

Squirrel Mailや Roundcube をLinuxへ導入して
Gmailっぽくメールを読み書きしたいのだけど、
両方共デフォルトではパスワード変更機能を装備していない。

Squirrel Mail はchange_passwdというプラグインがあるのだけど
Ubuntu Serverのaptitudeで導入することができない。
(wgetはできる)

運用をITスキルの低い人に任せる予定なので
できるだけ aptitude での更新でやらせたい。

change_passwdはwgetしたtar.gzファイルを
Squirrel Mailのpluginsディレクトリへ展開して
conf.plするだけでは動作しない。

functions.phpの関数おちょこっと手直ししたり
すごく面倒だ。

aptitudeで出来る方法はないものかと
しらべてみると
poppasswdとpoppass-cgiパッケージを導入すれば
/cgi-bin/poppass
にパスワード変更用のCGIができる。

..もうちょっとかっこいい
(変更履歴管理とか、同じパスワードはさかのぼって変更不能とか)
機能がほしいところだが、
これならaptitude一本で管理できそう。


p.s.
にしても
Server Worldはすごく便利だ。
とっても参考になった。
ほとんどここからパクって
change_passだけGoogleっただけで
メールサーバを上げることができた。

もうCentOS6の情報も載せてるし..

2011年7月5日火曜日

UbuntuServer 11.04でhostnameコマンドが効かない

VMware player上に簡易インストールすると
ホスト名がubuntuになってしまう。

sudo hostname newhostname
してrebootしたのだけど..

またubuntuに戻っている..

オカルト?


で色々検索すると、
hostname newhostnameしたあとに
sudo vi /etc/hosts
で新ホスト名を追加して
/etc/init.d/networking restart
してrebootしたら
オカルト現象が解消された。

Ubuntu Server11.04をVMware playerへ簡易インストールすると英語キーになる

Ubuntu Server11.04をVMware playerへインストールする時に
通常のインストールをすると、
VMware toolsを入れるときに
やれマウントしろだの
やれgccがないからいれろだの
言われていやになるので、
簡易インストールしてみた。

最初に出てくるコンソールloginをしばらく放置していると
VMware toolsをインストール仕切った状態ににしてくれる。

でもログインしてみると..
今度は英語キーボードになっていて
viで保存するときに:がどこにあるかわからず
迷ってしまう..

しょうがないので


$ sudo su -
# export http_proxy="http://user@password:hostname:port/"
# apt-get update
# aptitude install console-data


で、ここで
Don't touch keymap
から上下に移動するのに
私のPCの上下キーがきかない..
いろいろおしていくと、
先頭文字のキーを押せばそこにいくことがわかった
んでQwertyのQ、JapaneseのJ、PC110を選択
したらやっと日本語キーボードのことを分かってくれた。


これくらいはインストーラで
自動設定してほしいなあ..


p.s.

そのあと
sudo loadkeys jpを実行すれば
日本語キーになることがわかった。
今はこれを使っている。

TensorFlow 1.4.0 rc0 がリリースされていた

タイムラインにTensorFlow1.4.0 rc0 のリリース案内が流れてきました。 ので、何処が変わったかGitHubのREADMEを翻訳してみました。 以下、参照される場合は、at your own risk でお願いします。 ------- TensorF...