Translate

2011年12月14日水曜日

Salesforceユーザグループへ参加してみる




先日Salesforce社から
Salesforceユーザグループへ参加しませんか
というメールをもらい入ってみた。


どうもChatterで管理されているらしく、
申し込んだ翌日に
ChatterへのログインIDと初期パスワードが
送られてきた。


はいってみると既に幾つかグループができていて
その中で既にフィードが少し入っていた。
#全部見れていないのでどれくらいの件数かは
#まだよくわかってませんが..

主要なグループを紹介してみると..


・Salesforceはじめの一歩Salesforceはじめの一歩
初心者が質問できるグループ。
初心者あるが、Salesforce用語は理解していないと
いけないかも。


・Sales Cloud_直販
Sales Cloudを売りに行くBP向けのグループらしい。
ダッシュボードサンプルやChatter利用ケースなど
の紹介がフィードされていた。
営業向けかな。

・Custom Cloud
カスタム開発向けの話題が中心のグループ。
Force.comの使い道などの紹介資料がはいっていた。


・Cloudforce 2011 Japan
丁度今やっているイベントのグループ。
申請が必要なグループなので中身はのぞけてません。


ほかには
幾つかグループの幹事さんが使うであろうグループや
地域別のルーキー会グループなどがあった。
#なぜか関東がなかったけど..




はいってよかったとおもうのが、
このSalesforce組織自体が
Catterの利用例になっていること。

企業の製品やサービスのユーザグループを
Chatterで作り、そこで質問に答える環境を用意したり
情報共有できる環境をつくって提供できる
サンプルになっている。

おもしろいのが、
登録者を実名にしているためか
会社名もプロフィールへ登録されてしまうためか
不思議と正面向いた写真を登録している率が高い。

こうすると
下手なことは書けないので
Chatter内が荒れる確率は低くなると思う。

正直会社のChatterは猫の写真やら車の写真とか
まともな写真が登録されていないもの...

複数の企業が実名で同じSalesforce組織を使う
ことでそれなりの秩序が出来るわけか..


0 件のコメント:

TensorFlow Lite が発表された件

今朝のタイムラインには驚いた。 We are so excited to announce the Developer Preview of #TensorFlowLite ! Read all about it in our blogpost → https://...