Translate

2013年6月28日金曜日

Get Started on OpenShiftを翻訳する

いきなりOpenShift Originで勉強するより
まずOpenShift Onlineを試したほうが良いと
ようやく気づき、
初心に戻って

Get Started on OpenShift

のとおりに試して見ることにした。


以下、翻訳した内容を貼り付けておく。
(at your own riskでお願いします)


ドキュメントは、Web、コマンドライン、IDEの3つに分かれている。

実行環境(サーバ)は、OpenShift Online(RedHatのパブリックPaaS、無料でアプリ3つまで)ベースで書かれているが、1章をOpenShift Originで作ったオンプレミスサーバに差し替えて考えれば、どちらの場合でもGet Start1できるはずだ。

読んだ記事にも書いてあったが、たしかに本当にCloud Foundryに似ている。App EngineやCloud Foundryを知っていると、OpenShiftの理解が早いと思う(もちろん開発者としての理解は)。

Web

  • 最も早くスタートする方法
  • プラウザからアプリを素早く構築
  • 新規アプリケーションの開始、管理とモニタリング向き



OpenShiftのWebコンソールは、インストールが不要で、コマンドライン操作不要でアプリケーションんを構築・管理するためのパワーを与えてくれます。コンソールはアプリケーションの構築や、アプリケーションを保管する追加の機能を提供を支援します。例として、MongoDB、MySQL、Jenkins continuous integration buildsなどが含まれます。


1. アカウントのサインアップ


OpenShiftアカウントごとに無料で3つのアプリケーションを構築することができ、クラウド内のこれらのアプリケーションの実行中の有益性を体験することができます。

(訳者注)
上記リンクを押すと新規アカウント作成(英語)画面がでるので、メールアドレス(アカウント名)、パスワード、bot対策の文字列を入力すると、メールアドレス先へ確認メールが飛ぶ。本文記載のリンクを踏むと登録完了。

2. コンソールを開いてアプリケーションを構築



コンソールを使ってすぐに稼働可能でコーディング可能なアプリケーションを簡単に構築することができます。Drupalのような協力なCMS(コンテンツ管理システム)や、業界標準のブログプラットフォームであるWordPressをボタンをクリックすることで開発します。

→クイックスタートはこちら


3. Gitをインストールしてコーディングを開始する(オプション)


ソースコードへ変更を加える準備ができたら、Gitバージョンコントロールプログラムを使ってOpenShiftへチェックインやコードの発行を直接行うことができます。The client tools installation pageに異なるプラットフォームごとのGitのインストールや、Gitを使ったインテグレーションを行う際のEclipseやVisual Studioのような有名な開発環境についての詳細情報が掲載されています。

 git clone ssh://...rhcloud.com/~/git/myapp.git/

ソースコードのダウンロードやアップロードを行うために、パブリックSSHキーでOpenShiftへ提供しなくてはなりません。(コピー・アンド・ペーストで)コンソール内のキーの設定後、アプリケーションのGit URLが表示されます。ソースコードリポジトリのローカルコピーを作成するgit cloneコマンドでURLをパスします。


4. 変更のOpenShiftへのアップロード


取得したコードを変更しOpenShiftへpushします。

  $ cd myapp
  $ vim php/index.php
  (エディタで修正して、":wq")
  $ git commit -a -m "My first change"
  $ git push


実行後、URLを参照して、変更が反映されていることを確認して下さい。

 →アプリケーションの変更開発についてはこちらを参照して下さい


$> rhc_ コマンドライン

  • どこでもコード、どこでも管理
  • どんなプラットフォームでもアプリやコードのフルコントロールが可能
  • コーディングやデバッギング、アプリケーション管理向き


以下の簡単なステップに従うことで、我々のパワフルなコマンドラインクライアントを試して下さい。

OpenShiftクライアントツールはRuby Gemとしてパッケージされています。あなたの環境で実行するためには、Ruby1.8.7以降、gemをインストールできる権限(Linuxの場合root権限でのアクセス)、Gitバージョンコントロールツールが必要となります。クライアントツールの詳細なヘルプはDeveloper Centerにあります。


1. アカウントのサインアップ


OpenShiftアカウントごとに無料で3つのアプリケーションを構築することができ、クラウド内のこれらのアプリケーションの実行中の有益性を体験することができます。


2. Windows | Mac OS X | FedoraおよびRedHat Enterprise Linux | Linux 上へクライアントツールをインストール


 <Windowsの場合>


 RubyInstaller 1.9 for Windowsをダウンロードし、インストールして下さい。
 重要!"Add Ruby executables to your PATH"オプションをチェックすること。

 Git for Windowsをダウンロードし、インストールして下さい。
 重要!"Run Git from the Windows Command Prompt"オプションをチェックすること。

 Windowsのコマンドプロンプトからgemをインストールして下さい:
  $ gem install rhc

 クライアントツール最新版へ更新したい場合、gem updateコマンドを使用します:
  $ gen update rhc


 <Mac OS Xの場合>


 Mac OS X上では、Full Xcode Suite もしくは git for OS Xのいずれかのインストールが必要です。これらのパッケージは、RubyおよびGitのインストール及び設定が含まれています。

 Gemをインストールして下さい:
  $ sudo gem install rhc

 クライアントツール最新版へ更新したい場合、gem updateコマンドを使用します:
  $ gen update rhc



 <FedoraおよびRedHat Enterprise Linuxの場合>


 YUM経由でOpenShift前提条件をインストールして下さい。
  $ sudo yum install rubygems git

 (RHEL 6.2のみ)RHN Classicを使用している場合は、"rubygems"パッケージをインストールしてRHEL6.2オプショナルチャンネルを追加する必要があります。
  $ sudo rhc-channel --add --channel=rhel-x86_64-server-optional-6

 Gemをインストールして下さい:
  $ sudo gem install rhc

 クライアントツール最新版へ更新したい場合、gem updateコマンドを使用します:
  $ gen update rhc


 <Linuxの場合>


 前提となるパッケージをインストールして下さい:Ruby1.8.7以降、rubygems、git

 Gemをインストールして下さい:
  $ sudo gem install rhc

 クライアントツール最新版へ更新したい場合、gem updateコマンドを使用します:
  $ gen update rhc


 →より詳細のヘルプは、クライアントインストレーションガイドを読んで下さい。


3. 環境のセットアップ

OpenShift ログインアカウントおよびパスワードを使って、rhc setupを実行してOpenShiftへ接続し、アプリケーションの一意な名前空間を作成します。

ウィザード画面からSSHキーのアップロードを行い、Gitを使った通信が可能になります、もし必要な設定が誤っているならば確認して下さい、そして次にドメイン名を作成します。OpenShiftにおけるドメイン名はアプリケーションのURLの一部となります。ドメイン名はすべてのOpenShiftユーザのなかで一意となります。このため賢くクリエイティに選択して下さい!

ウィザード実行時に、あなたのログインIDが含まれる設定ファイル「<ホームディレクトリ>/.openshift/express.conf」が作成されます。もし再びセットアップする場合は、rhc setupから再び実行して下さい。
 $ rhc setup
 OpenShiftコマンドラインインターフェイスの対話型セットアップが開始される
 openshift.redhat.comへ接続するために、OpenShiftログインID(電子メールもしくはRedHatログインID)


4. 最初のアプリケーションを作成


これで、アプリケーションが作成可能な状態になりました。
  $ rhc app create myapp php-5.3
  Password: (アカウントのパスワード)

このコマンドで、アプリケーションのためのリモートgitリポジトリが作成し、ローカルのカレントディレクトリにクローンを作成します。

OpenShiftは多くのアプリケーションスタックを提供します。rhc cartridge listを実行して、すべてのオプションを確認して下さい。

あなたのアプリケーションのドメイン名は「<アプリケーション名>-<名前空間>.rhcloud.com」となります。 このため、exampleコマンドによって作成されたアプリケーションは、myapp-mydomain.rhcloud.com となります。


5. 変更と更新


アプリケーションの構築の最初のステップは終わりました。ここからは、自分のアプリケーションを構築していくことになります。

gitをサポートするIDEかエディタを使ってください。もしサポートしていないのであれば、2つの簡単なコマンドを使う方法もあります。

  $ cd myapp
  $ vim php/index.php
  (エディタで修正して、":wq")
  $ git commit -a -m "My first change"
  $ git push


実行後、URLを参照して、変更が反映されていることを確認して下さい。

 →開発のためのフレームワークの素晴らしいガイドを確認して下さい


6. 次のステップ


これで、アプリケーション開発のスタートを着ることができました。これからはOpenShftを用いたいろんな作業を行うことができます。以下のリンクのビデオ、ブログやユーとリアルを参照して下さい。

</> IDE

IDEを使った迅速な開発
Eclipse開発環境を使ったシームレスなインテグレーション
コーディングやデバッギング、アプリケーション管理向き

Eclipseベースの統合開発環境であるJBoss Developer Studioは、リッチなWebアプリケーションやトランザクショナルな企業アプリケーションを構築するために必要なすべてを開発者に提供します。指先ひとつでOpenShift環境へのアプリケーションの作成、編集、配置する機能を統合します。

1. アカウントのサインアップ


OpenShiftアカウントごとに無料で3つのアプリケーションを構築することができ、クラウド内のこれらのアプリケーションの実行中の有益性を体験することができます。今日から始めましょう。


2 JBoss Developer Studioのダウンロード(要サインイン)


 (訳者注)
 章題のリンク先はJBossサイトになっています。
 Cloud FoundryでいうところのSTS相当です。

 ドキュメント


 ビデオ



0 件のコメント:

NVIDIA K20C で Tensor2Tensor を動かしてみた

ふとしたことで一時的にNVIDIA K20Cが使える機会ができた。 ので、ココぞとばかりに前に動かしたTransformerモデルの 実装サンプル Tensor2Tensor を オプションなし で動かしてみた。 [GitHub]T2T: Tensor2Tensor Tra...