Translate

2012年11月14日水曜日

CrowbarのISOイメージはVMware Playerでは動作しないらしい

Crowbar の ISOイメージを
VMware Playerにインストールしようとして
イロイロ調べていたのですが、

Running Crowbar in VMWare VMs
https://github.com/dellcloudedge/crowbar/wiki/Running-Crowbar-in-VMWare-VMs


"VMplayer will not work due to networking config"
(VMware Playerではネットワーク設定できないので動作しません)
って書いてあった。


ISOイメージのUbuntuインストーラが終了した段階までだと
127.0.0.1しか有効になっていないので
ここまでは到達するが、
Crowbarの設定ファイル
/opt/dell/barclamps/network/chef/data_bags/crowbar/bc-template-network.json
の"admin"セクションを見てみると
ネットワーク設定が書かれていて
要約すると以下の様な範囲で決め打ちされていました。





VMware PlayerだとホストオンリーVMnet8 に対してDHCP機能設定OFFとか
セグメント変更とかができないので
VMware Workstationを使ってね
ということらしい..

で、そういえば昔VMware workstation買ったことがあったので
バージョンアップすればいけるかなとおもって
VMware workstationサイト行ったら
もうバージョン9にまで上がってる..

私の持ってるの 5 だから..アップグレード対象範囲外なのか..
やるんだったら評価版を入れたらできるけど..

めんどくさくなってきたなあ..


p.s.
ちなみにWorkstationを持っている人は、

ISOイメージファイルをローカルにダウンロード

VMwareWorkstationを起動してネットワーク設定で
VMnet8の設定を
・ホストオンリー有効
・ローカルDHCPサービス無効
・サブネット 192.168.124.0/255.255.255.0
に変更してから
新規仮想マシンを
・後でOSをインストール
・プロセッサ:1 with 2 cores
・メモリ:2GB以上(以下だと動かない場合もあるらしい)
・NIC:ホストオンリー、VMnet8指定、起動時有効

・HDD:20GB以上(イメージが入るので)
にして起動、ISOイメージファイルでブートさせればいいらしい。


p.s.
VMware Playerでも家庭用無線ルータとかを使って構築すれば
お試し環境は作ることができます。
Crowbarを試す環境を構築する

0 件のコメント:

TensorFlow Lite が発表された件

今朝のタイムラインには驚いた。 We are so excited to announce the Developer Preview of #TensorFlowLite ! Read all about it in our blogpost → https://...