Translate

2010年7月6日火曜日

ChartDroidの使い方を探す




















































































Android上にいろいろグラフを表示させてみたくなり、
いろいろしらべてみた。

普通は、Google Chart APIをWebView上にのせちゃうのが
手っ取り早いのかな。
 まあある程度はサイズも決められるし、なにより簡単だ。

それでもいいけど、
もっと見栄えが良いのはないかな、
とGoogleで検索していると、
Google CodeにChartDroidなるライブラリがあるのを知る。

で、
http://code.google.com/p/chartdroid/
にいってみると、
なかなかよさげな画面ダンプが
何枚かあった。

ということでダウンロードしようとしたら..APKファイル?

開発で使えるのAPK..

しょうがないので、SubVersionを使って
ローカルハードディスクにソースを入れるべく、


svn checkout http://chartdroid.googlecode.com/svn/trunk/  chartdroid-read-only


を実行してチェックアウトした。

で、トップレベルのchartdroid-read-onlyを
Eclipseでインポートすると、
Chartdroidプロジェクト以外赤バッテンだらけに..

ほかのプロジェクト3つのビルドパスに

Cartdroidパッケージをインポートするようにかえて、
プロジェクトのクリーンをかけたら

赤バッテンが全部消えた。

Chartdroidパッケージを外部参照させるように
アプリのワークスペースをつくればいいわけだ。


あとは、サンプルコードがあればつくれるな。

この3つのプロジェクトがサンプルっぽいな

とおもっていたら、案の定サンプルだった。

さがしてMinimalLineChartExampleを
実行してみると、
いくつかグラフを見ることが出来た。


※上のダンプはサンプルの一部

ほかのサンプルが動かない(強制終了)のは
1.6だからか..HT-03Aの限界なのか..

とりあえずこれらのサンプルをぱくって作って見ようか。


0 件のコメント:

NVIDIA K20C で Tensor2Tensor を動かしてみた

ふとしたことで一時的にNVIDIA K20Cが使える機会ができた。 ので、ココぞとばかりに前に動かしたTransformerモデルの 実装サンプル Tensor2Tensor を オプションなし で動かしてみた。 [GitHub]T2T: Tensor2Tensor Tra...