Translate

2010年9月15日水曜日

HT-03Aで位置情報取得を試す

位置情報を取得するソースはブログにあるけど
実際に取得したデータは見あたらない。

ので、自分の携帯HT-03Aで試してみた。

ソースはここから拝借した。

AndroidManifest.xmlに
android.permission.ACCESS_FINE_LOCATION
android.permission.ACCESS_COARSE_LOCATION
を許可する修正を忘れると全く動かないので注意。

provider name network gps
----------------------------------------------------------
enabled (利用): 可 可
accuracy (精度): 粗雑 精細
power req (利得): 低 高
monetaly c(料金): かかる かからない
req cell (通話): 可 不可
req netw (通信): 可 可
req sateli(衛星): 不可 可
sup altiti(高度): 不可 可
sup bearin(方位): 不可 可
sup speed (速度): 不可 可
---------------------------------------------------------
accuracy (精度):float 999.0 99.0
altitude (高度):double 0.0 99.0
bearing (方位):float 0.0 999.9999
latitulde (緯度):double 99.999999 99.99999999999999
longtitude(経度):double 999.99999 999.99999999999999
speed (速度):float 0.0 9.0
time (時刻):long 1283765634000 1283765634000

どうもGPSと携帯基地局(アンテナ?)の2種類の取得元が使えるようだ。
場所によってはGPS電波がとどかないとおもうのでnetworkだけになってしまう
場合もある。
このへんは対応できるアプリを作っておかないと。

あとリスナは必ず作って最新データを更新できるようにするコードにしないと
古い情報のまんまになってしまう。

精度は数字が小さい方が高精細ということらしい。

networkは緯度経度ともにfloatレベルのデータまでのようだ。

GPSだと高度や方位、速度などおもしろい情報が取れるようだが、
networkだと平面地図での位置までになってしまう。

当たり前だが、
Criteriaをデフォルトのままでベストプロバイダを取得すると
networkになってしまう。
屋内でも高精度で位置情報取れるプロバイダ(インフラ)作ってくれないかなあ..

0 件のコメント:

TensorFlowにおけるフィーチャ列はこうしてね的なブログ記事を翻訳してみた

TensorFlow 1.4.0 になってイロイロガチャガチャしている。 一番ビックリしたのがTutorialのSequence-to-Sequence。 イキナリブログ記事のリンクだけになっていた.. Sequence-to-Sequence Models ht...