Translate

2010年2月12日金曜日

About the Region and Availability Zone: Amazon VPC Getting Started p.22

About the Region and Availability Zone
リージョンや有効ゾーンについて

Amazon VPC works only in the Amazon EC2 US-East (Northern Virginia) Region (us-east-1), with the us-east-1.ec2.amazonaws.com service endpoint. By default, the Amazon EC2 API command line tools default to that Region and endpoint. If you're an existing user of the command line tools and your tools are set up to use a different Region and endpoint, make sure to change them.
AmazonVPCはAmazon EC2 US-East (us-east-1、北バージニア)リージョンでしか動作しません(サービスエンドポイントはus-east-1.ec2.amazonaws.com)。デフォルトでは、Amazon EC2 コマンドラインツールはこのリージョンやエンドポイントが設定されています。もしコマンドラインツールをすでに使用しており、異なるリージョンやエンドポイントを使用している設定をした場合は変更してください。


To change the Region and endpoint
リージョンやエンドポイントの変更

1. View available Regions by entering the following:
以下の操作で、有効なリージョンやエンドポイントを照会する:

PROMPT> ec2-describe-regions
REGION us-east-1 us-east-1.ec2.amazonaws.com
REGION eu-west-1 eu-west-1.ec2.amazonaws.com


2. If you need to change the service endpoint on Linux and UNIX, set the EC2_URL environment variable as follows:
Linux/UNIX環境でサービスエンドポイントを変更したい場合は環境変数EC2_URLを以下のように変更する:

$ export EC2_URL=https://


3. If you need to change the service endpoint on Windows, set the EC2_URL environment variable as follows:
Windows環境でサービスエンドポイントを変更したい場合は環境変数EC2_URLを以下のように変更する:

C:\> set EC2_URL=https://

Your subnets, VPN gateway, and Amazon EC2 instances in the VPC must all reside together in one of the Availability Zones in the us-east-1 Region (us-east-1a, etc.). If you're not familiar with Availability Zones: each zone is a distinct location within a Region, engineered to be insulated from failures in other zones.

Subnet、VPN gateway、VPC内のAmazon EC2 インスタンスがすべてひとつのus-east-1 リージョンのAvailability Zoneに備わっていなくてはなりません。もしあなたがAvailability Zoneについてよく知らない:ゾーンとは、1つのリージョン内に一意のローケーションがふられます、ほかのゾーンの障害から分離するために設計されています。


You can optionally specify an Availability Zone when creating subnets, when creating your VPN gateway, and when launching your instances. However, you don't need to because Amazon VPC can automatically determine an Availability Zone to use for the objects and instances.

subnet作成時、VPN gateway作成時、インスタンスの起動時にAvailability Zoneをオプションとして指定することができます。
しかし、Amazon VPCはオブジェクトやインスタンスを使用する際にAvailability Zoneを自動的に定義するため、指定する必要はありません。


Note that if you choose to specify an Availability Zone for the objects and instances, that zone might not be available (in which case Amazon VPC returns an error).
あるAvailability Zoneをオブジェクトやインスタンスに対して選択するならば、有効にならない(Amazon VPCはエラーを返します)ことに注意してください。

0 件のコメント:

TensorFlowにおけるフィーチャ列はこうしてね的なブログ記事を翻訳してみた

TensorFlow 1.4.0 になってイロイロガチャガチャしている。 一番ビックリしたのがTutorialのSequence-to-Sequence。 イキナリブログ記事のリンクだけになっていた.. Sequence-to-Sequence Models ht...