Translate

2022年11月28日月曜日

Tello EDU をPythonから動かそうとしたがtakeoff/landコマンドを受け付けない

DJI社というサイトから教育用ドローン Tello EDU を購入した。




TELLO EDUダウンロードサイトのSDK2.0 User Guideを読むと

  1. TELLO EDUの電源を入れる
  2. PCのWiFi設定をTELLO EDU (パスワード不要)にする(Tello EDUは192.168.10.1として接続可能に)


上記手順を行うとPCからIPアドレス192.168.10.1のポート番号8889に対してコマンドを入力できるようになるとあった。

そこで

  • command SDKモードに入る
  • streamon ビデオストリームをONにする
  • takeoff 離陸
  • land 着陸

の4つのコマンドを順番に入力したが、command と streamonはOKというレスポンスがあったが、takeoffとlandはerrorが帰ってきた。



 

Pythonプログラムで書いていたが、JavaやTelnetなどためしてもても同じ状態に。

どうも本体がtakeoff/landというコマンドが存在しないかのよう..

最新のPDFにはちゃんと書いてあるのに..


アプリからならうごくかな..と、「Tello EDU」 というiOSアプリを起動して接続しようとしたが、つながりはするしステータスも取れるが離陸・着陸はできなかった..

..いろいろ調べた挙げ句、iOSアプリ「Tello」をインストールし、携帯のWiFiをドローンにして接続し、このアプリを起動すると、アクティベーションするかというダイアログがでた..

ようは最初にiOS/Androidアプリ「Tello」でアクティベーション作業を行わないとダメなことがわかった。


commandって送れば使えるようになるんだと、ずっと思いこんでいた..

User Guide p2の章「Download the Tello App」に以下の文が書かれてました(原文英語)。


App StoreまたはGoogle Playで「Tello」を検索するか、
右のQRコードを読み込んでください。
最新版のアプリをダウンロードしてアプリをタップしてください。
TelloアプリAndroidバージョンは Android v4.4以降と互換性があります。
iOS バージョンの Tello アプリは、iOS v9.0 以降と互換性があります。



User Manual 先に読みなさいよ、というだけでした..なさけない..


0 件のコメント:

AWS Glueジョブ(Python/Spark)にPythonパッケージを追加する方法

 AWS Glueジョブには2つの種類が存在します。 ETLジョブ(Spark) PySparkコードが実行できるジョブ。 最低でも10並列で実行するので、DynamicFrame/DataFrame操作以外の処理はPython Shellジョブを使ったほうがよい。 Python...