Translate

2022年4月26日火曜日

Raspberry Pi4B上でPyAudioを使っていたら、途中 OSError [Errorno -9981] で落ちる

 Raspberry Pi4B にUSBマイクを刺し、

マイク入力をPython で扱いたくて PyAudio で以下のようなコードを記述した。

 

import pyaudio

# PyAudio インスタンス化
audio = pyaudio.PyAudio()

# 引数情報に従って、PyAudio ストリーム生成・開始
stream = audio.open(
format=pyaudio.paInt16, # 振幅:ビット解像度
rate = 44100, # サンプリング周波数
channels = 1, # モノラル
input_device_index = 1, #USBインデックス1にUSBマイク
input = True, # マイク入力
frames_per_buffer=4096) # チャンクサイズ:1フレーム4096バイト
stream.start_stream()

# 指定秒数の音声をchunkサイズごとに取得し、配列framesへ追加
for _ in range(0, 3600): # 6分間読み込み
# チャンクサイズ分読み込み
buf = stream.read(4096)
:

:

# クローズ
stream.stop_stream()
stream.close()
audio.terminate()  


Windows10 上で実行すると問題なく動作するのだけど、

Raspberry Pi4B(8GBmem/bullseye64bit)で動かすと、

buf = stream.read(4096) の行で

OSError: [Errorno -9981] Input overflowed

というエラーで止まってしまった。

発生する箇所は、毎回違うが4分以降5分半くらいでだいたい止まってしまう..

 

エラーの内容が Input overflowed となっており、例外が出ているので

overflow時に例外を発生させないように

buf = stream.read(4096, exception_on_overflow=False)

として実行したら発生しなくなった。


p.s.

あとで調べたら、StackOverflowにも同じ内容が出てました。

0 件のコメント:

AWS Glueジョブ(Python/Spark)にPythonパッケージを追加する方法

 AWS Glueジョブには2つの種類が存在します。 ETLジョブ(Spark) PySparkコードが実行できるジョブ。 最低でも10並列で実行するので、DynamicFrame/DataFrame操作以外の処理はPython Shellジョブを使ったほうがよい。 Python...