Translate

2013年8月7日水曜日

CloudStack4.1.0をNIC1枚のPC(Ubuntu Server12.04.2)へKVMかさねがけしてインストールする

物理PC(NIC1枚)上にKVMかさねがけせずにUbuntu Server12.04.2を使って、管理サーバ、DBサーバ、ストレージ、ホスト全部1台にインストールする方法はこちら。ここに記載している手順よりシンプルですが..Consoleが上がりません..




NICが1枚しか刺さっていない1台の物理PCへ、
Ubuntu12.04.2LTSを使って、
4.2がでてきそうなこの時期に
CloudStack4.1をインストールしてみた。



物理構成(用意したもの)は以下の図のとおり。
あとUbuntu Server 12.04.2 LTSをCD-ROMへ予め焼いてある状態で、
インターネット接続はproxyなしで動作する環境になっています。



先に結論を書いておきますが、
上記のスペックでKVM重ねがけ構成した場合、
親サーバ側のOSがパニックを起こしてストップするため、
実用に耐えません



物理PC上に定義したネットワークは以下の図の通り。



KVMの親ガメ子ガメの2段構成。
管理サーバとストレージを分けたのは、
ゾーンの有効化に何度も失敗して管理サーバだけを上げ直せるように
ストレージを親ガメ側に用意しました。
ISOイメージはprivateネットワークをつかってHTTPダウンロード出来るようにしています。
#要グローバル設定変更

ネットワーク構成がこの枝とよくわからないと思うので論理構成を
別の絵にしてみました。



クライアントPCにrouteコマンド使わせるなんて
ホントは嫌だったけどしょうがない..

上記の物理構成の状態からインストルする手順をすべて
書き下したものが以下。


1. 物理マシンのセットアップ

1.1 OSのインストール


  • Ubuntu Server12.04.2LTS CD-ROMメディアを挿入し電源オン
  • 日本語
  • Ubuntu Serverをインストール(I)
  • はい
  • 日本
  • 日本語
  • 日本語 - 日本語(かな 86) ※各自のキーボードによる
  • Alt + Shift
  • 戻る ※DHCPが引けたが固定IPを振る
  • ネットワークを手動で設定
  • 192.168.11.100
  • 255.255.255.0
  • 192.168.11.1
  • 192.168.11.1
  • william
  • royal ※ドメイン名は適当に変更すること
  • cloud ※OSアカウントは適当に変更すること
  • cloud ※OSアカウントは適当に変更すること
  • cloud ※パスワードは適当に変更すること
  • cloud
  • はい
  • いいえ
  • はい
  • ガイド - ディスク全体を使いLVMをセットアップする
  • SCSI1 (0,0,0) (sda) - 500.1 GB ATA Hitachi HDS72105 ※環境による
  • はい
  • はい
  • 499.8GB ※環境による
  • はい
  • いいえ
  • 空欄で次へ
  • 自動的にアップデートしない ※適宜変更
  • 続ける
  • はい
  • PCからCD-ROMを取り出す
  • 続ける ※再起動


1.2 プライマリ/セカンダリストレージ構築


  • cloud ※OSアカウントは適当に変更すること
  • cloud
  • sudo su -
  • cloud
  • vi .profile

 (最終行へ以下の1行を追加)
 export LANG=C

  • exit
  • sudo su -
  • cloud
  • vi /etc/sysctl.conf

 (最終行へ以下の2行を追加)
  net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
 net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1

  • sysctl -p
  • aptitude update && aptitude -y dist-upgrade && aptitude -y install ssh openntpd nfs-kernel-server bridge-utils kvm qemu-utils qemu-kvm libvirt-bin virtinst apache2 virt-manager
  • vi /etc/network/interfaces

 (iface eth0 inet static以降を以下のように変更)
 iface eth0 inet manual
 iface br0 inet static
  address 192.18.11.100
  netmask 255.255.255.0
  network 192.168.11.0
  broadcast 192.168.11.255
  gateway 192.168.11.1
  dns-nameservers 192.168.11.1
  dns-search royal
  bridge-ports eth0
  bridge-stp off
 auto br0

  • vi /etc/default/libvirt-bin

 (修正前)
 libvirtd_opts="-d"
 (修正後)
 libvirtd_opts="-d -l"

  • vi /etc/init/libvirt-bin.conf

 (修正前:11行目)
 env libvirtd_opts="-d"
 (修正後:11行目)
 env libvirtd_opts="-d -l"

  • vi /etc/libvirtd/libvirtd.conf

 (以下の行をコメントアウト)
 listen_tls = 0
 listen_tcp = 1
 tcp_port = "16509"
 mdns_adv = 0
 (修正前)
 #auth_tcp = "sasl"
 (修正後)
 auth_tcp = "none"

  • service libvirt-bin restart
  • ln -s /etc/apparmor.d/usr.sbin.libvirtd /etc/apparmor.d/disable/
  • ln -s /etc/apparmor.d/usr.lib.libvirt.virt-aa-helper /etc/apparmor.d/disable/
  • apparmor_parser -R /etc/apparmor.d/usr.sbin.libvirtd
  • apparmor_parser -R /etc/apparmor.d/usr.lib.libvirt.virt-aa-helper
  • ufw allow proto tcp from any to any port 22
  • ufw allow proto tcp from any to any port 3922
  • ufw allow proto tcp from any to any port 80
  • ufw allow proto tcp from any to any port 8080
  • mkdir -p /export/primary /export/secondary
  • vi /etc/exports

 (最終行に以下の1行を追加)
 /export *(rw,async,no_root_squash,no_subtree_check)

  • exportfs -a
  • vi /etc/modprobe.d/nfs_lockd.conf

 (新規:以下の1行を追加)
 options lockd nlm_udpport=32769 nlm_tcpport=32803

  • vi /etc/default/nfs-kernel-server

 (修正前)
 RPCMOUNTDOPTS=--manage-gids
 (修正後)
 RCPMOUNTDOPTS="--port 892"

  •  vi /etc/default/nfs-common

 (修正前)
 STATDOPTS=
 (修正後)
 STATDOPTS="--port 662 --outgoing-port 2020"

  • ufw allow 111
  • ufw allow 662
  • ufw allow 32769/udp
  • ufw allow 32803/tcp
  • ufw allow 2049
  • ufw allow 892
  • vi /etc/idmapd.conf

 (修正前)
 #Domain = localdomain
 (修正後)
 Domain = royal

  • vi /etc/hosts

 (以下の様に変更・追加)
 #192.168.11.100 william.royal william
 192.168.100.1 william.royal william
 192.168.100.2 george.royal george
 192.168.100.3 catherine.royal catherine

  • reboot
  • cloud ※OSアカウントは適当に変更すること
  • cloud
  • sudo su -
  • cloud ※不要な場合もあり
  • ifconfig -a ※br0にIPアドレスが振られているのを確認
  • tasksel
  • Ubuntu desktopをチェック(スペースキー)
  • OK ※結構時間が掛かる
  • reboot


1.3 仮想マシン用ネットワーク設定


  • cloud ※パスワードは適当に変更すること
  • 画面左上2番めにあるFireFoxをクリック ※ブラウザ起動
  • 検索欄に「Ubuntu Serverdownload」と入力
  • 「Download Ubuntu Server | Ubuntu」をクリック
  • 「Get Ubuntu 12.04 LTS」をクリック
  • OK
  • ※ダウンロード終了後
  • 画面左上2番めにフォルダマークのアイコン(Home Folder)をクリック
  • 左にある「ダウンロード」フォルダをクリック
  • 「ubuntu-12.04.2-server-amd64.iso」を右クリック
  • 「Move to」>「Home」を選択
  • 左上のUbuntuマークのアイコン(Dash Home)をクリック
  • 検索欄に「Term」と入力
  • Byobu Terminalを選択 ※Terminalならなんでも可
  • sudo su -
  • cloud ※不要な場合もあり
  • cd /var/www
  • mkdir -p images
  • chmod a+rwx images
  • cd images
  • mv ~cloud/ubuntu-12.04.2-server-amd64.iso .
  • chmod a+rw ./ubuntu-12.04.2-server-amd64.iso
  • ※余裕があればブラウザで「http://192.168.100.1/images/ubuntu-12.04.2-server-amd64.iso」を指定しダウンロード出来るようになっていることを確認しておく
  • virt-manager & ※KVM管理コンソールが起動
  • 「localhost(QEMU)」行をダブルクリック ※Connection Details画面がポップアップ
  • 「Virtual Networks」タブを選択
  • 左下「+」ボタン押下 ※Create a new virtual network画面がポップアップ
  • 「Forward」ボタン押下
  • Network Name欄に「private」と入力
  • 「Forward」ボタン押下
  • Network欄に「192.168.100.0/24」と入力
  • 「Forward」ボタン押下
  • Enable DHCPのチェックをはずす
  • 「Forward」ボタン押下
  • 「Forwarding to physical network」をチェック ※Modeは「NAT」のまま
  • 「Forward」ボタン押下
  • 「Finish」ボタン押下
  • 左下「+」ボタン押下 ※Create a new virtual network画面がポップアップ
  • 「Forward」ボタン押下
  • Network Name欄に「public」と入力
  • 「Forward」ボタン押下
  • Network欄に「192.168.200.0/24」と入力
  • 「Forward」ボタン押下
  • Enable DHCPのチェックをはずす
  • 「Forward」ボタン押下
  • 「Forwarding to physical network」をチェック ※Modeは「NAT」のまま
  • 「Forward」ボタン押下
  • 「Finish」ボタン押下
  • 左下「+」ボタン押下 ※Create a new virtual network画面がポップアップ
  • 「Forward」ボタン押下
  • Network Name欄に「storage」と入力
  • 「Forward」ボタン押下
  • Network欄に「192.168.0.0/24」と入力
  • 「Forward」ボタン押下
  • Enable DHCPのチェックをはずす
  • 「Forward」ボタン押下
  • 「Forwarding to physical network」をチェック ※Modeは「NAT」のまま
  • 「Forward」ボタン押下
  • 「Finish」ボタン押下
  • 画面左上の「×」を押して画面を閉じる



2. 管理サーバ用仮想マシンのセットアップ

2.1 仮想マシンの構築


  • ※virt-managerが上がっている状態
  • 左上のアイコン(Create a new virtual machine)押下
  • Name欄に「management」と入力
  • 「Local install media(ISO images or CDROM)」をチェック
  • 「Forward」ボタン押下
  • 「Use ISO image」をチェック
  • 「Browse...」ボタン押下
  • 「Browse Local」ボタン押下
  • Place欄の「File System」をクリック
  • 「var」>「www」>「images」>「ubuntu-12.04.2-server-amd64.iso」を選択
  • 「Open」ボタン押下
  • OS type欄を「Linux」に変更
  • Version欄を「Ubuntu 12.04 LTS (Precise Pangolin)」に変更
  • 「Forward」ボタン押下
  • Memory(RAM)は「1024」MBのままにする
  • CPUsは「1」のままにする
  • 「Forward」ボタン押下
  • 「Enable storage for this virtual machine」をチェック
  • 「Create a disk image on the computer's hard drive」をチェック
  • 「10.0」GBへ変更
  • ※管理サーバは8.0GBではインストール出来ない (セカンダリストレージのテンプレートが展開できない)
  • 「Allocate entire disk now」のチェックをはずす
  • 「Forward」ボタン押下
  • 「Customize configuration before install」をチェック
  • Advanced optionsを「Virtual network 'private':NAT」に変更
  • 「Finish」ボタン押下
  • ※仮想マシンがすぐに起動せずVirtual Machine画面が表示
  • 「NIC:xx:xx:xx」をクリック ※xx:xx:xxは毎回変わる
  • Device model欄を「e1000」に変更
  • 「Apply」ボタン押下
  • 「Add Hardware」ボタン押下
  • 左側上の「Network」を選択
  • Host device欄を「Virtual network 'public':NAT」に変更
  • Device model欄を「e1000」に変更
  • 「Finish」ボタン押下
  • 「Add Hardware」ボタン押下
  • 左側上の「Network」を選択
  • Host device欄を「Virtual network 'storage':NAT」に変更
  • Device model欄を「e1000」に変更
  • 「Finish」ボタン押下
  • 画面左上の「Begin installation」ボタン押下
  • ※画面コンソールが立ち上がりOSのインストールが開始
  • 日本語
  • 画面コンソール上にマウスカーソルを移動しクリック ※コンソールから脱出する場合はCtl+Alt押下
  • Ubuntu Serverをインストール(I)
  • はい
  • 日本
  • 日本語
  • 日本語 - 日本語 (かな86)
  • Alt + Shift
  • eth0: Intel Corporation 82540EM Gigabit Ethernet Controller
  • 続ける
  • ネットワークを手動で設定
  • 192.168.100.2 ※eth0は最初に設定したprivateを割り当てたネットワーク
  • 255.255.255.0
  • 192.168.100.1
  • 192.168.100.1 ※NAT設定しているので
  • george
  • royal
  • cloud ※OSアカウントは適当に変更すること
  • cloud ※OSアカウントは適当に変更すること
  • cloud ※パスワードは適当に変更すること
  • cloud
  • はい
  • いいえ
  • はい
  • ガイド - ディスク全体を使いLVMをセットアップする
  • 仮想ディスク 1 (vda) - 10.7 GB Virtio Block Device
  • はい
  • 10.5 GB
  • はい
  • (空欄のまま)続ける
  • 自動的にアップデートしない
  • (なにも選択せずに)続ける
  • はい
  • 続ける ※再起動


2.2 管理サーバのセットアップ


  • cloud ※OSアカウントは適当に変更すること
  • cloud
  • sudo su -
  • cloud
  • vi .profile

 (最終行へ以下の1行を追加)
 export LANG=C

  • exit
  • sudo su -
  • cloud
  • vi /etc/sysctl.conf

 (最終行へ以下の2行を追加)
  net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
 net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1

  • sysctl -p
  • vi /etc/apt/sources.list.d/cloudstack.list

 (新規:以下の行を追加)
 deb http://cloudstack.apt-get.eu/ubuntu precise 4.1

  • wget -O - http://cloudstack.apt-get.eu/release.asc|apt-key add -
  • aptutude update && aptitude -y dist-upgrade && aptitude -y install ssh ntp nfs-common bridge-utils mysql-server cloudstack-management
  • cloud ※MySQLのrootパスワード
  • cloud
  • vi /etc/ntp.conf

 (serverから始まる行をすべてコメントアウト)
 (以下の1行を追加)
 server 192.168.100.1

  • service ntp restart
  • vi /etc/mysql/my.cnf

 ([mysqld]セクション内に以下の5行を追加)
 innodb_rollback_on_timeout=1
 innodb_lock_wait_timeout=600
 max_connections=350
 log-bin=mysql-bin
 binlog-format = 'ROW'

  • service mysql restart
  • cloudstack-setup-databases cloud:cloud@localhost --deploy-as=root:cloud
  • vi /etc/sudores

 (11行目に以下の1行を追加し強制保存)
 Defaults:cloud !requiretty

  • vi /etc/network/interfaces

 (eth0以降の設定を以下のように変更)
 auto eth0
 iface eth0 inet manual
 iface cloudbr0 inet static
  addres 192.168.100.2
  netmask 255.255.255.0
  network 192.168.100.0
  broadcast 192.168.100.255
  gateway 192.168.100.1
  metric 10
  dns-nameservers 192.168.100.1
  dns-search royal
  bridge-ports eth0
  bridge-stp off
 auto cloudbr0
 auto eth1
 iface eth1 inet manual
 iface cloudbr1 inet static
  addres 192.168.200.2
  netmask 255.255.255.0
  network 192.168.200.0
  broadcast 192.168.200.255
  metric 20
  bridge-ports eth1
  bridge-stp off
 auto cloudbr1
 auto eth2
 iface eth2 inet manual
 iface cloudbr2 inet static
  addres 192.168.0.2
  netmask 255.255.255.0
  network 192.168.0.0
  broadcast 192.168.0.255
  metric 30
  bridge-ports eth2
  bridge-stp off
 auto cloudbr2

  • ufw allow proto tcp from any to any port 22
  • ufw allow proto tcp from any to any port 3922
  • ufw allow proto tcp from any to any port 9090
  • ufw allow proto tcp from any to any port 8250
  • ufw allow proto tcp from any to any port 8080
  • vi /etc/idmapd.conf

 (修正前)
 #Domain = localdomain
 (修正後)
 Domain = royal

  • vi /etc/hosts

 (以下の様に変更・追加)
 192.168.100.1 william.royal william
 192.168.100.2 george.royal george
 192.168.100.3 catherine.royal catherine

  • reboot
  • cloud ※OSアカウントは適当に変更すること
  • cloud
  • sudo su -
  • reboot ※デフォルトNICがprivateネットワークになっていない場合があるのでもう1回リブート
  • cloud ※OSアカウントは適当に変更すること
  • cloud
  • sudo su -
  • cloud ※不要な場合あり
  • ping www.google.com ※pingが通らない場合はネットワーク設定に誤りあり
  • ping 192.168.0.1 ※pingが通らない場合はネットワーク設定に誤りあり
  • cloudstack-setup-management
  • mkdir -p /mnt/secondary
  • mount -t nfs 192.168.0.1:/export/secondary /mnt/secondary
  • /usr/share/cloudstack-common/scripts/storage/secondary/cloud-install-sys-mount-tmplt -m /mnt/secondary -u http://download.cloud.com/templates/acton/acton-systemvm-02062012.qcow2.bz2 -h kvm -F
  • umount /mnt/secondary
  • cd /mnt
  • rmdir secondary
  • reboot



3. ホスト用仮想マシンのセットアップ

3.1 仮想マシンの構築


  • ※物理マシン上にvirt-managerが上がっている状態
  • 左上のアイコン(Create a new virtual machine)押下
  • Name欄に「agent」と入力
  • 「Local install media(ISO images or CDROM)」をチェック
  • 「Forward」ボタン押下
  • 「Use ISO image」をチェック
  • 「Browse...」ボタン押下
  • 「Browse Local」ボタン押下
  • Place欄の「File System」をクリック
  • 「var」>「www」>「images」>「ubuntu-12.04.2-server-amd64.iso」を選択
  • 「Open」ボタン押下
  • OS type欄を「Linux」に変更
  • Version欄を「Ubuntu 12.04 LTS (Precise Pangolin)」に変更
  • 「Forward」ボタン押下
  • Memory(RAM)は「3913」MBにする ※めいいっぱいとる
  • CPUsは「8」にする ※めいいっぱいとる
  • 「Forward」ボタン押下
  • 「Enable storage for this virtual machine」をチェック
  • 「Create a disk image on the computer's hard drive」をチェック
  • 「10.0」GBへ変更
  • ※管理サーバは8.0GBではインストール出来ない
  •  (セカンダリストレージのテンプレートが展開できない)
  • 「Allocate entire disk now」のチェックをはずす
  • 「Forward」ボタン押下
  • 「Customize configuration before install」をチェック
  • Advanced optionsを「Virtual network 'private':NAT」に変更
  • 「Finish」ボタン押下
  • ※仮想マシンがすぐに起動せずVirtual Machine画面が表示
  • 「NIC:xx:xx:xx」をクリック ※xx:xx:xxは毎回変わる
  • Device model欄を「e1000」に変更
  • 「Apply」ボタン押下
  • 「Add Hardware」ボタン押下
  • 左側上の「Network」を選択
  • Host device欄を「Virtual network 'public':NAT」に変更
  • Device model欄を「e1000」に変更
  • 「Finish」ボタン押下
  • 「Add Hardware」ボタン押下
  • 左側上の「Network」を選択
  • Host device欄を「Virtual network 'storage':NAT」に変更
  • Device model欄を「e1000」に変更
  • 「Finish」ボタン押下
  • 画面左上の「Begin installation」ボタン押下
  • ※画面コンソールが立ち上がりOSのインストールが開始
  • 日本語
  • 画面コンソール上にマウスカーソルを移動しクリック ※コンソールから脱出する場合はCtl+Alt押下
  • Ubuntu Serverをインストール(I)
  • はい
  • 日本
  • 日本語
  • 日本語 - 日本語 (かな86)
  • Alt + Shift
  • eth0: Intel Corporation 82540EM Gigabit Ethernet Controller
  • 続ける
  • ネットワークを手動で設定
  • 192.168.100.3 ※eth0は最初に設定したprivateを割り当てたネットワーク
  • 255.255.255.0
  • 192.168.100.1
  • 192.168.100.1 ※NAT設定しているので
  • catherine
  • royal
  • cloud ※OSアカウントは適当に変更すること
  • cloud ※OSアカウントは適当に変更すること
  • cloud ※パスワードは適当に変更すること
  • cloud
  • はい
  • いいえ
  • はい
  • ガイド - ディスク全体を使いLVMをセットアップする
  • 仮想ディスク 1 (vda) - 10.7 GB Virtio Block Device
  • はい
  • 10.5 GB
  • はい
  • (空欄のまま)続ける
  • 自動的にアップデートしない
  • (なにも選択せずに)続ける
  • はい
  • 続ける ※再起動



3.2 ホストのセットアップ


  • cloud ※OSアカウントは適当に変更すること
  • cloud
  • sudo su -
  • cloud
  • vi .profile

 (最終行へ以下の1行を追加)
 export LANG=C

  • exit
  • sudo su -
  • cloud
  • vi /etc/sysctl.conf

 (最終行へ以下の2行を追加)
 net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
 net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1

  • sysctl -p
  • vi /etc/apt/sources.list.d/cloudstack.list

 (新規:以下の行を追加)
 deb http://cloudstack.apt-get.eu/ubuntu precise 4.1

  • wget -O - http://cloudstack.apt-get.eu/release.asc|apt-key add -
  • aptutude update && aptitude -y dist-upgrade && aptitude -y install ssh ntp nfs-common bridge-utils kvm qemu-utils qemu-kvm libvirt-bin virtinst cloudstack-agent
  • vi /etc/default/libvirt-bin

 (修正前)
 libvirtd_opts="-d"
 (修正後)
 libvirtd_opts="-d -l"

  • vi /etc/init/libvirt-bin.conf

 (修正前:11行目)
 env libvirtd_opts="-d"
 (修正後:11行目)
 env libvirtd_opts="-d -l"

  • vi /etc/libvirtd/libvirtd.conf

 (以下の行をコメントアウト)
 listen_tls = 0
 listen_tcp = 1
 tcp_port = "16509"
 mdns_adv = 0
 (修正前)
 #auth_tcp = "sasl"
 (修正後)
 auth_tcp = "none"

  • service libvirt-bin restart
  • ln -s /etc/apparmor.d/usr.sbin.libvirtd /etc/apparmor.d/disable/
  • ln -s /etc/apparmor.d/usr.lib.libvirt.virt-aa-helper /etc/apparmor.d/disable/
  • apparmor_parser -R /etc/apparmor.d/usr.sbin.libvirtd
  • apparmor_parser -R /etc/apparmor.d/usr.lib.libvirt.virt-aa-helper
  • ufw allow proto tcp from any to any port 22
  • ufw allow proto tcp from any to any port 3922
  • ufw allow proto tcp from any to any port 1798
  • ufw allow proto tcp from any to any port 16509
  • ufw allow proto tcp from any to any port 5900:6100
  • ufw allow proto tcp from any to any port 49152:49216
  • ufw allow proto tcp from any to any port 9090
  • ufw allow proto tcp from any to any port 8250
  • ufw allow proto tcp from any to any port 8080
  • vi /etc/idmapd.conf

 (修正前)
 #Domain = localdomain
 (修正後)
 Domain = royal

  • vi /etc/hosts

 (以下の様に変更・追加)
 192.168.100.1 william.royal william
 192.168.100.2 george.royal george
 192.168.100.3 catherine.royal catherine

  • vi /etc/network/interfaces

 (eth0以降の設定を以下のように変更)
 auto eth0
 iface eth0 inet manual
 iface cloudbr0 inet static
  addres 192.168.100.3
  netmask 255.255.255.0
  network 192.168.100.0
  broadcast 192.168.100.255
  gateway 192.168.100.1
  metric 10
  dns-nameservers 192.168.100.1
  dns-search royal
  bridge-ports eth0
  bridge-stp off
 auto cloudbr0
 auto eth1
 iface eth1 inet manual
 iface cloudbr1 inet static
  addres 192.168.200.3
  netmask 255.255.255.0
  network 192.168.200.0
  broadcast 192.168.200.255
  metric 20
  bridge-ports eth1
  bridge-stp off
 auto cloudbr1
 auto eth2
 iface eth2 inet manual
 iface cloudbr2 inet static
  addres 192.168.0.3
  netmask 255.255.255.0
  network 192.168.0.0
  broadcast 192.168.0.255
  metric 30
  bridge-ports eth2
  bridge-stp off
 auto cloudbr2

  • reboot
  • cloud
  • sudo su -
  • cloud ※聞かれない場合あり
  • passwd
  • cloud ※rootのパスワード
  • cloud


4. ゾーンの構築


  • ※物理マシンにもどる
  • 画面左上のFirefoxアイコン(Firefoxウェブブラウザ)押下
  • (ブラウザが既に上がっている場合は不要)
  • http://192.168.100.2:8080/client を開く
  • Language欄を「Japanese」に変更
  • ユーザ名「admin」
  • パスワード「password」
  • ドメインは空欄のまま
  • 「ログオン」ボタン押下
  • 「CloudStackを使用したことがあるので、このガイドをスキップする」押下
  • 「インフラストラクチャ」押下
  • ゾーンの「すべてを表示」押下
  • 「+ゾーンの追加」押下
  • 「基本」をチェック
  • 「Next」押下
  • 名前に「zone01」と入力
  • DNS1に「192.168.200.1」と入力 ※publicネットワークのDNS(NAT)として
  • 内部DNS1に「192.168.100.1」と入力 ※privateネットワークのDNS(NAT)として
  • ハイパーバイザを「KVM」に変更
  • 「Next」押下
  • 管理の「Edit」押下
  • KVMトラフィックラベルに「cloudbr0」と入力 ※privateネットワーク
  • 「OK」押下
  • ゲストの「Edit」押下
  • KVMトラフィックラベルに「cloudbr1」と入力 ※publicネットワーク
  • 「OK」押下
  • トラフィックの種類上の「ストレージ」アイコンをドラッグしてPhysical Network 1の破線部内へドロップ
  • ストレージの「Edit」押下
  • KVMトラフィックラベルに「cloudbr2」と入力 ※storageネットワーク
  • 「OK」押下
  • 「Next」押下
  • ポッド名に「pod01」と入力 ※podの設定ではprivateネットワークの情報を設定する
  • 予約済みシステムゲートウェイに「192.168.100.1」を入力
  • 予約済みシステムネットマスクに「255.255.255.0」を入力
  • 予約済み開始システムIPアドレスに「192.168.100.101」を入力 ※非DHCPなので4より上を適当に割り当てる
  • 予約済み終了システムIPアドレスに「192.168.100.200」を入力
  • 「Next」押下
  • ゲストゲートウェイに「192.168.200.1」を入力 ※ゲストなのでpublicネットワークセグメントで記述
  • ゲストネットマスクに「255.255.255.0」を入力
  • ゲストの開始IPアドレスに「192.168.200.101」を入力 ※非DHCPなので4より上を適当に割り当てる
  • ゲストの終了IPアドレスに「192.168.200.200」を入力
  • 「Next」押下
  • ゲートウェイに「192.168.0.1」と入力 ※storageネットワークセグメントで記述
  • ネットマスクに「255.255.255.0」と入力
  • VLANは空欄のままにする
  • 開始IPアドレスに「192.168.0.101」と入力
  • 終了IPアドレスに「192.168.0.200」と入力
  • 「追加」押下
  • 「Next」押下
  • クラスタ名に「cluster01」と入力
  • 「Next」押下
  • ホスト名に「192.168.100.3」と入力 ※ホストのIPアドレスをprivateネットワークアドレスで記述
  • ユーザ名に「root」と入力
  • パスワードに「cloud」と入力
  • ホストタグは空欄のままにする
  • 「Next」押下
  • 名前に「primary01」と入力
  • プロトコルは「nfs」のままにする
  • サーバーに「192.168.0.1」と入力 ※物理PCのIPをstorageネットワーク指定
  • Pathに「/export/primary」と入力
  • ストレージタグは空欄のままにする
  • 「Next」押下
  • NFSサーバーに「192.168.0.1」と入力 ※物理PCのIPをstorageネットワーク指定
  • パスに「/export/secondary」と入力
  • 「Next」押下
  • 「Launch zone」押下
  • ※ゾーンを有効化するかのダイアログが表示される
  • ※ここからセカンダリVMの起動失敗するケースが多いので管理サーバの/var/log/cloudstack/management/management-server.logをtail -fで見ておいたほうが良い
  • 「はい」押下
  • ※管理コンソール画面に戻る
  • 右ではなく上の「インフラストラクチャ」を押下
  • 更新を押下
  • システムVMの「すべてを表示」を押下
  • 2つのVMが存在し、ステータスが両方「Running」になるまで待機(結構時間がかかる)
  • 画面左の「テンプレート」を押下
  • 「CentOS 5.5(64-bit) no GUI (KVM)」をクリック
  • 準備完了欄が「Yes」となるまで待機(すこじ時間がかかる)



5. テスト

※Ubuntu Server12.04.2LTSのISOイメージを取り込み、インスタンスを起動するところまで


5.1 ISOイメージの取り込み

※管理コンソールが立ち上がり、adminでログイン済みの状態
  • 画面左の「グローバル設定」を押下する
  • 画面右上の検索欄に「secstorage」と入力
  • 名前が「secstorage.allowed.internal.sites」の操作欄のアイコンをクリック
  • 値欄に「192.168.100.0/24」と入力する ※もっとサブネット絞って範囲狭めても良い
  • 「OK」を押す
  • 画面右上の「admin cloud」>「ログオフ」を選択
  • ※管理サーバのコンソール画面へ(ログイン画面)
  • cloud ※OSのユーザ名、適当に変更する
  • cloud ※OSのパスワード、適当に変更する
  • sudo reboot
  • cloud ※聞かれない場合あり
  • ※再起動されたら、画面コンソールのログイン画面へ
  • ユーザ名に「admin」と入力する
  • パスワードに「password」と入力する
  • 「ログイン」押下
  • 画面左の「テンプレート」を押下
  • 画面上のビューの選択を「ISO」に変更
  • 画面右上の「+ISOの登録」を押下
  • 名前欄に「Ubuntu Server 12.04.2 LTS」と入力
  • 説明欄に「Downloaded YYYY/MM/DD」と入力
  • URL欄に「http://192.168.100.1/images/ubuntu-12.04.2-server-amd64.iso」と入力
  • ゾーンは「All Zone」のままにする
  • 起動可能はチェックのままにする
  • OSの種類を「Ubuntu 12.04 (64-bit)」に変更する
  • 抽出可能のチェックはないままとする
  • パブリックをチェックする
  • おすすめをチェックする
  • 「OK」押下
  • 「Ubuntu Server 12.04.2 LTS」をクリックする
  • 準備完了欄が「Yes」になるまで待機(更新ボタンで再表示して確認する)


5.2 インスタンス作成


  • 画面左の「インスタンス」を押下する
  • 画面右上の「+インスタンスの追加」を押下
  • ゾーンの選択は「zone01」のままとする
  • ISOまたはテンプレートの選択は「ISO」をチェック
  • 「次へ」押下
  • おすすめタブのUbuntu Server 12.04.2 LTSがチェックされているままとする
  • Hypervisorは「KVM」のままとする
  • 「次へ」押下
  • 「Small Instance」をチェックしたままにする
  • 「次へ」押下
  • 「Small」をチェックしたままにする
  • 「次へ」押下
  • 「default」をチェックする
  • 名前(オプション)欄に「Test」と入力する
  • グループへの追加(オプション)欄を空欄のままとする
  • 「VMの起動」押下
  • 画面左の「インスタンス」を押下する
  • 「Test」をクリックし、詳細タブの一番上にアイコン群がならぶまで待機する
  • アイコン群の右端のアイコン(コンソールの表示)をクリックする
  • ※UbuntuのインストーラのLanguage選択が出ればOK、あとは継続するかは適宜

以上


なぜ、コンソールの表示までで止まっているのかというと、
このままUbuntuをインストールしている最中に

親ガメ(192.168.11.100)のOSがパニックを起こしてしまいました..

CloudStackを試す場合は孫ガメまで作らないといけないので
メモリのリソースが足りないのかも..

子供が管理サーバとホストの2インスタンス、
孫がSecondary StorageVM、Console ProxyVMと作成したインスタンスの3つ
仮想マシン計5個動かしてることになるから..


実用に耐えないのはわかっていたけど..
もうちょっと色々させて欲しかったなあ...


OS型でないESXiにしたほうがいいのかなあ..

0 件のコメント:

TensorFlow 1.3.0 rc0 がリリースされたことを知る

今朝、Twitterのタイムラインに #TensorFlow 1.3.0rc0 has been released! Please see the release notes for details on added features and changes: htt...