Translate

2013年3月15日金曜日

MGWT開発用Eclipseプロジェクトを作ってみる

ちょっとおもしろそうなMGWT+GWT+phonegapだけど..

まあ
なんにせよMGWTを使ったGWT開発ができる環境をまずつくらないといけないが、
そのあたりもMGWTのWikiに英語だけどのっていた。

SetupProject(Google Project: MGWT)
http://code.google.com/p/mgwt/wiki/SetupProject


この手順通りに試してみたが
とりあえずすんなりいった。


なので一応翻訳してみたので
下記にはりつけておく。
なお画面ダンプは私が試した時のものである。


プロジェクトの設定

mgwt/phonegapプロジェクトのために、簡単に生成をする既存のmaven archetypeがあります。

前提条件

mavenおよびGoogle Eclipseプラグインが導入されたEclipseがインストールされていることとします。

mavenは<mavenのフォルダパス>\binへパスをとおしとおくこと。
proxy経由の場合はconf\settings.xml上に設定を記述しておく。
3.0.3なら104行目あたりのコメントを外して設定する。

 
   
      optional
      true
      http
      proxy.xxxxx.co.jp
      8080
      localhost
   

 

ステップ1-archetypeからプロジェクト生成

Eclipseのワークスペース内でプロジェクトを生成します。

workspaceフォルダ上に入り、以下のコマンドを実行して下さい:

 mvn archetype:generate -DarchetypeRepository=http://www.m-gwt.com/m2/repo -DarchetypeGroupId=com.googlecode.mgwt.archetypes -DarchetypeArtifactId=mgwt-standard-archetype -DarchetypeVersion=1.0.8





実行中にgroupId、artifactId、version、packeageの入力を求められます。groupIdは、<あなたの組織のドメイン名>.<プロジェクト名>にならった文字列を指定してください。
artifactIdは文字のみで構成(マイナス、空白不可etc)された文字列を指定して下さい。versionはデフォルトのままにすることができます、そしてpackageはgroupIdと同じ値を指定して下さい。



ステップ2-ワークスペースの設定

この設定はワークスペースごとに一度だけ必要となります。
Eclipseが動作中であれば終了して下さい。
ここではローカルで動作中のmavenを指し示すM2_REPOと呼ばれる変数を生成します。
このため、依存性解析がEclipse内で動作します。ワークスペースフォルダへ入り、以下のコマンドを実行して下さい:

 mvn eclipse:configure-workspace -Declipse.workspace="/path/toyourworkspace"





システムに合わせたパラメータに変更して下さい、Windowsの場合"C:\workspace"など、LinuxやMacの場合/somepath/workspace などです。


ステップ3-mavenからEclipseプロジェクト作成

次の手順ではmavenを使ってmaven pom.xmlからEclipse用のプロジェクトやクラスパスファイルを生成します。
依存関係が変更する場合は、この手順を再実行する必要があります。
生成したプロジェクトディレクトリに移って以下のコマンドを実行して下さい:

 mvn eclipse:eclipse





 


ステップ4-Webリソースをtargetへコピー

この手順では、src/main/webappからWebアプリパーツをtargetフォルダへコピーします。src/main/webapp内のいずれかのファイルを変更した場合は、この手順を再実行する必要があります。

 mvn war:exploded





ステップ5-プロジェクトをEclipseへインポート

起動したEclipse上で以下の操作を実行します

プロジェジェクトをEclipseへインポート

ファイル>インポート


一般>既存プロジェクトをワークスペースへ>次へ




作成したプロジェクトフォルダを選択して開くと、Eclipseはプロジェクトを発見しインポート可能になります。

Google Eclipseプラグイン設定

プロジェクトエクスプローラ>trialで右クリック

プロパティ>Google>Webアプリケーション



このプロジェクトはWARディレクトリを持つ:チェック
WARディレクトリ:src/main/webapp
このディレクトリから起動及びデプロイ:チェックしない
OKボタンをクリック

ここでGWT開発モードを開始するとWAR Directory Selectionダイアログ表示されます:



"target/<artifactId>-<version>を選択してください(プロジェクト作成時の値を指定してください)。



実行が成功するとurlが表示されるので、コピーしてブラウザで開いて下さい。



以上までがwikiの文書。

で起動するブラウザがChromeの場合はそのままエラー無く動作するが、
Windows OSのSafariやIE、Firefoxで開くと以下の様なエラーダイアログが出てしまう。






このような場合は~.gwt.xmlを開いて
safariの部分をダイアログ上の文字列に変更すればよい。



だが、中身空っぽの画面なので
正常に動作したかがよくわからない..

中身をもうすこし探検しないと..

0 件のコメント:

TensorFlow 1.3.0 rc0 がリリースされたことを知る

今朝、Twitterのタイムラインに #TensorFlow 1.3.0rc0 has been released! Please see the release notes for details on added features and changes: htt...