Translate

2010年2月15日月曜日

Determining Your Network Information: Amazon VPC Getting Started Guide p 22

Determining Your Network Information
ネットワーク情報の定義

The first task for your integration team is to determine the set of information in the following table. The table includes dummy values for some of the items. You can use the dummy values or determine real ones for the exercise. You must obtain real values for all the other items.
インテグレーションチームの最初のタスクは、以下の表にある情報の定義を行う事です。表のいくつかの項目はダミー値が格納されています。


Tip
You can print the table and fill in the values you plan to use in the column on the far right.
表を印刷して、右端の欄を計画時に使って値を埋めることができます。


Item
How Used
Comments
Your Value

項目
どう使われるか
コメント


VPC CIDR block
Used in an API call, and in customer gateway configuration
Dummy value you can use in the exercise:10.0.0.0/24
Value:
VPC CIDRブロック
APIコールで使用され、そしてGustomer Gateway 設定で使用される
練習でダミー値10.0.0.0/24が使用できる
実際の値:

Subnet #1 CIDR block (can be same as the VPC's CIDR block)
Used in an API call
Dummy value you can use in the exercise:10.0.0.0/25
Value:

Subnet #1 CIDRブロック
APIコールで使用される
練習でダミー値10.0.0.0/25が使用できる
実際の値:

Subnet #2 CIDR block (optional)
Used in an API call
Dummy value you can use in the exercise:10.0.0.128/25
Value:
Subnet #2 CIDRブロック
APIコールで使用される
練習でダミー値10.0.0.128/25が使用できる
実際の値:

Subnet #N CIDR block(optional)
Used in an API call
None
Value:
Subnet #N CIDRブロック
APIコールで使用される
なし
実際の値:

Type of customer gateway (e.g., Cisco, Juniper, or other)
Used in an API call to specify how to format the returned information that you will use to configure the customer gateway
For information about the specific versions of Cisco and Juniper routers that we've tested, go to the Amazon Virtual Private Cloud Network Administrator Guide.
Value:

Custom Gatewayのタイプ(e.g. Cisco、Juniper、その他)
かつてCustomer Gatewayを設定した返却情報をどうやってフォーマットするかを特定するためにAPIコールで使用される
テストするためのCiscoやJuniperルータの特定のバージョンについての情報については、Amazon Virtual Private Cloud Network Administrator Guideを参照のこと
実際の値:

Internet-routable IP address (static) of the customer gateway's external interface
Used in an API call, and in customer gateway configuration (it's referred to as YOUR_UPLINK_ADDRESS)
The value must be static and can't be behind a device performing network address translation(NAT).
Value:
Customer Gatewayの外部インターフェイスのインターネットルーティング可能な固定IPアドレス
APIコールで使用される、そしてCustomer Gateway設定内にて使用される(YOUR_UPLINK_ADDRESSと呼ばれる)
値は固定にすべき、そして裏でネットワークアドレス変換(NAT)動作させることはできない
実際の値:

Border Gateway Protocol (BGP) Autonomous System Number (ASN) of the customer gateway
Used in an API call, and in customer gateway configuration (it's referred to as YOUR_BGP_ASN)
You can use an existing ASN assigned to your network. If you don't have one, you can use a private ASN (in the 64512?65534 range). For more information about ASNs, go to the Wikipedia article.
Value:
Custom GatewayのBorder Gateway Protocol (BGP) Autonomous System Number (ASN)
APIコールで使用され、Custom Gateway設定内で使用される(YOUR_BGP_ASNと呼ばれる)
ネットワークへ割り当てられた既存のASNを使うことができる、ASNに関する詳細はWikipediaを参照のこと
実際の値:


For help determining the appropriate size of your VPC, see VPC Sizing (p. 40).
VPCの適当なサイズを定義のヘルプとして、VPC Sizing (p. 40)を参照してください。


Once your team has determined the network information in the preceding table, you can move on to the next task, which is using the command line tools to make Amazon VPC API calls that create your Amazon VPC objects.
上記テーブルのネットワーク情報を決定したら、次の作業に移ることができます。次の作業は、コマンドラインツールを使って Amazon VPC APIコールを呼び出し、Amazon VPCオブジェクトを作成します。

0 件のコメント:

TensorFlow Lite が発表された件

今朝のタイムラインには驚いた。 We are so excited to announce the Developer Preview of #TensorFlowLite ! Read all about it in our blogpost → https://...