Translate

2015年3月5日木曜日

The Docker User Guide: Getting Started with Docker Hubを翻訳してみる


The Docker User Guideの1セクションである以下のページを翻訳してみました。

 Getting Started with Docker Hub
 https://docs.docker.com/userguide/dockerhub/


参照の際はAt Your Own Riskでお願いします。

----------

Docker Hub を使ってみよう


このセクションでは新規アカウント作成を含めたDocker Hubの概要を説明します。

Docker Hubは、DockerやDockerコンテナで動作するリソースを集約しています。Docker Hubは、Dockerの外部であなたが同僚が協力することを助けます。次のようなサービスを提供しています:

  • Dockerイメージのホスティング
  • ユーザ認証
  • 自動化されたイメージビルドや、ビルドトリガやwebフックのようなワークフローツール
  • GitHub や BitBucket とのインテグレーション

Docker Hubを使うために、最初に新規アカウントを作成します。気にしないでください、新規アカウント作成は単純で無料です。


Docker Hubアカウントの新規作成


新規アカウントの登録・作成をおこなうには以下の2つの方法があります:

Web経由、と
コマンドライン経由、です


Web経由のアカウント登録


氏名、パスワード、ずっと有効なメールアドレスをサインアップフォームに入力してください。何がDockerの世界中で続けられているかについてのたくさんの情報が投稿されるDocker ウィークリーメーリングリストによるサインアップも可能です。




コマンドライン経由のアカウント登録


docker loginコマンドを使うとコマンドライン経由でDocker Hubアカウントの新規作成が実行できます。

 訳者注:プロクシ経由の場合は、環境変数http_proxyを指定してください。
  以下のファイルに記述してもOKです。
  CentOS7: /etc/sysconfig/docker
  Ubuntu12: /etc/default/docker

 $ sudo docker login


メールによる確認


フォームを埋めると、指定したメールアドレスへようこそメッセージと確認依頼が送信されます。到着したら、メールの内容に従ってアクティベートを実施してください。

ログイン


確認プロセスを完了したら、Webコンソールからログイン可能です:



もしくは、docker loginコマンドを使えばコマンドライン経由でログイン可能です:

 $ sudo docker login

Docker Hubアカウントはこれで使用可能になりました。


次のステップ


次にアプリケーションのDocker化の方法を練習"Hello world"で学習しましょう

アプリケーションのDocker化へ進む

----------

docker pullはアカウントがなくてもできるらしいので、
上記の作業はいらないかも..

0 件のコメント:

TensorFlow 1.3.0 rc0 がリリースされたことを知る

今朝、Twitterのタイムラインに #TensorFlow 1.3.0rc0 has been released! Please see the release notes for details on added features and changes: htt...