Translate

2015年5月26日火曜日

Arduino YUNのWiFi設定を有効にする





Arduino UNOにわざわざWiFiシールド装備して苦労するなら、最初から標準装備しているマイコンボードを選べばいい..と軽い気持ちでArduino YUNに手を出してしまった。

スイッチサイエンス:Arduino YUN
https://www.switch-science.com/catalog/2210/

そしたら、がっつりはまってしまった。



Arduino YUNは、内部に2つのプロセッサを持っている。
1つはUNOと同系列のATmega32u4、こちらは本体に付いているmicro USBコネクタをケーブルで母艦PCにつないで開発できるようになっている。
で、もうひとつはLinino AR9331、こちらがWiFiやEthernet、SDカード、USBホストコネクタを管理しており、これらをATmega32u4から使用する場合、ブリッジ経由で接続することとなど。

具体的にいうとArduino IDEでSketchプログラムをかくとき、Arduino UNOにシールドを装備させてEthernetやWiFiを使う場合は、EthernetClientクラスやWiFiClientクラスを使っていたが、Arduino YUNで開発する場合はBridgeライブラリを経由して使わなくてはならない(Bridge.begin()してYunClientクラスかYunServerクラスを使って通信処理を実装する)。

購入直後のArduino YUN のWiFi設定ではどこにも接続できないので、最初に設定を変更する。変更手順は、以下のとおり。PCだけでなく有線接続も可能なWiFiルータが必要となる。

  • PCをWiFiルータ(LAN側)に接続する
  • 有線でWiFiルータ(LAN側)に接続する
  • PC上でブラウザを起動する
  • http://arduino.local」を開く
  • パスワードに「arduino」と入力しログインする
  • CONFIGUREボタンを押す
  • PASSWORD欄に新パスワードを入力する
  • CONFIRM PASSWORD欄に同じ新パスワードを入力する
  • ここで「advanced configuration panel (luci)」を選択するとより細かい設定が可能なWeb画面が表示される。
  • タイムゾーンを「Asia/Tokyo」に変更する
  • DETECTED WIRERESS NETWORKS欄を変更して接続したいWiFiルータのSSIDを選択する
  • PASSWORD欄にパスフレーズ文字列を入れる
  • CONFIGURE & RESTARTボタンを押す

もし、失敗したら本体のUSBコネクタ横にあるリセットスイッチを長押しすれば良い。

0 件のコメント:

Dockerのバージョンが17.xになり、Ubuntu Serverへのインストールがまたちょこっと変わった

ひさしぶりにDockerサイトへ行ったら Dockerのバージョンがかわっていた.. しかも昔Solarisとかがやったマイナーバージョンを メジャーバージョンに繰り上げしやがった。 で、 今後は毎月リリースするらしい。 今は2017年3月だから17.3.x...